画像1
1: ケツすべりφ ★ 2014/02/01 02:06:21
「ネット炎上」芸人の南海キャンディーズ・山里亮太さんが、ツイッターなどでされた
自分に対する殺害予告の詳細をテレビ番組で明らかにした。年間75件にも上り、
「殺す」と書かれたツイートが日常的に届く。

それでもあまり動じていない様子で、ネットでは驚きの声があがっている。

「『殺す』が『おはよう』ぐらいのテンション」

山里さんが「炎上」経験について語ったのは、2014年1月28日放送のフジテレビ系「有吉弘行の
ダレトク!?」だ。山里さんと同じく度々炎上しているドランクドラゴンの鈴木拓さんとの
「炎上コンビ」で出演した。どのぐらいの規模の炎上が起きているのかという質問に、
「目も当てられないような数の攻撃が来る」と山里さんは言い、鈴木さんも「3日ぐらいは
『殺す』みたいなのが続く」と笑いながら答えた。

山里さんはもはや炎上に慣れっこのようだ。

「二日目ぐらいから『殺す』が『おはよう』ぐらいのテンションに見えてくるんです」

月刊誌「JUNON」(主婦と生活社)の取材を受けたと発言しただけで「JUNONに謝れ」となり、
「おはよう」と言っただけで「朝に謝れ」と炎上する。

「殺害予告は去年だけで75回です」だそうで、平均すると1週間に1回以上されている
計算になる。ツイッターで放火予告されたことのある司会の有吉さんもこれには驚き、
「スゴイ政治家みたいだね」と突っ込んだ。

ネットでも回数の多さに対して、

「75回殺害予告てすごいなw」
「殺人予告受けすぎでしょww」
「メンタルつよwwwwww」
といった発言がたくさん書き込まれている。

一方で有吉さんは、鈴木さんと山里さんの2人が炎上を売りにしていることも指摘し、
「相当稼いでいるんじゃないですか。まさに炎上マーケティングってやつでしょ」とコメントすると、
「いやいやいやいや違いますって、僕らの一番の弱点がそのいじり方なんですよ。嫌だこの人!
薪のくべ方が天才なんだよ」と山里さんは苦笑いしていた。

「ナイフで刺し殺しに行きます」と書かれたことも

山里さんへの殺害予告には冗談めかしたものがあり、秋葉原の場合は「家電で殴り殺す」、
滋賀県は「琵琶湖に沈める」といったバリエーションで、「ご当地キティちゃんみたいに
なってきた」と笑いながら話していた。

しかし、中には具体的な日時や場所、手法を示した物騒なものもあり、「ナイフで刺し殺しに
行きます」と書かれたこともあった。「これは来るかもな」と感じると、街を歩くときも外部の音が
察知できなくなるから、イヤホンで音楽を聴けなくなったそうだ。

これまでに山里さんは「殺す」とツイートされた際、

「実は僕、死にたくないタイプなんです…すみません…」「殺すは捕まっちゃうから1文字変えたり
した方がいいですよ」「警察の方にバトンをお渡しします!」

などと晒し上げて返答しているが、実際に警察に通報したことはあったのか。

よしもとクリエイティブ・エージェンシーに取材すると、「総務担当者と相談して警察に
届けるまでではない、という結論になったのは1例ありました。しかし警察に届け出たことはありません」
(広報センター担当者)とのことだった。通報にまでに至ったことはないが、殺害予告を放置
しているわけではないという。
http://www.j-cast.com/2014/01/31195691.html?p=all

【南海キャンディーズ・山里メンバーに対する殺害予告は年間75件】の続きを読む