男性芸能人情報 セロリ               

男子芸能人情報セロリ

    人気記事

    test ダウンタウン松本の娘wwwwwwwwww
    test L'Arc〜en〜Ciel の hydeが、自販機でジュースを買った結果www
    test 松岡修造 獲得賞金5億円超えの錦織圭より稼いでる
    test キムタク、一色紗英が16歳の時に口説いていたww

    宮根誠司

    1: オムコシ ★@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 22:13:08.02 ID:???0.net
    スポニチアネックス 6月16日 14時5分配信

     宮根誠司アナウンサー(51)がブラジルに渡ったものの、サッカーのワールドカップ(W杯)「日本―コートジボワール」の観戦はかなわなかった。
    飛行機が欠航になるなど、不運続きの珍道中。
    日本時間16日、現地イトゥから日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に生出演し、報告した。

     13日、関西空港からドバイを経由し、ポルトガル・リスボンへ。
    しかし、リスボンから試合が行われるブラジル・レシフェへの便がまさかの欠航。
    いったんパリに戻り、サンパウロを目指した。

     パリ―サンパウロは10時間のフライト。機上の人となっている間に、試合はキックオフを迎えた。

     宮根アナがサンパウロに到着したのは現地時間15日午前7時。
    前日14日午後10時からの試合は当然、終了済み。
    移動の車中、パソコン観戦する羽目に。「現地で見たかった…」。
    日本を出発してから40時間、飛行距離は2万キロ。
    ブラジル料理に舌鼓を打ったが、疲労とショックは癒えなかった。

     宮根アナは「天気もよかったし、欠航の理由は分からない。
    ポルトガルとかブラジルとか、いい加減なんじゃない」とヤケクソ。
    日本のスタジオから米国回りにしなかった理由を問われると「金曜のミヤネ屋終わりだと、ヨーロッパ回りしかない。
    金曜、休めばよかった」と自らの不運を嘆いた。

    2014-06-18-20-20-09
    【宮根アナ W杯日本戦見られず…リスボン―レシフェ便が欠航】の続きを読む

    1: 影の大門軍団φ ★ 2012/05/28 19:21:25
    宮根、森永、麻木らが「擁護」

    河本さんを擁護している業界人は少なくない。会見当日の5月25日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)では
    宮根誠司さんが「僕らの感覚で言うと不正には当てはまらない」、

    森永卓郎さんが「不正受給っていう言葉を使って、実名を出してっていう所までやるのが正しかったのか」
    など河本さんを応援する姿勢だった。

    ツイッターでは麻木久仁子さんが「あの議員さんたちは、恵まれた環境に生まれ高い教育を受けさせてもらい、
    社会に出てからも陰に陽に守ってくれる親や親族、縁に恵まれたことへの感謝の気持ちはないのかな。
    今の自分は全て、自分一人の力でもなかろうに。謙虚さこそが"伝統的日本人の美徳"ってえやつじゃないのかな」、
    松尾貴史さんが「藝人をいじめて愉しセレブ議員」とツイートするなど、河本氏を追及する世耕弘成議員や片山さつき議員を批判している人もいる。


    一方和田アキ子さんが5月26日放送のラジオ番組「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」(ニッポン放送系)で
    で「世の中には本当食べれなくて、その人たちのために少しでも普通の生活をさせてあげようっていうのが生活保護」

    「お母さんも今年の5月くらいに受給をもう断ったって言うんだけど、最初は女性週刊誌に匿名で出てそれからネットに名前が出たんだけど、
    話題にならなければもらってた?ていう気もするわけ」、ビートたけしさんが26日放送の「情報7daysニュースキャスター」(TBS系)で
    「お笑いとかそういう人たちは、頑張って好きな仕事をやるために、いろんな仕事を逆にやって、支えなきゃおかしいじゃない」と発言するなど、
    厳しく取り上げる向きもある。

    擁護する意見、批判する意見が出るたびにネット上では議論が巻き起こる。この問題が収束する日はまだまだ遠そうだ。(抜粋)
    http://www.j-cast.com/2012/05/28133592.html?p=2

    2014-04-08-13-37-47
    【「ミヤネ屋」で宮根誠司が河本準一を擁護 「僕らの感覚で言うと不正には当てはまらない」】の続きを読む

    画像1
    1: 禿の月φ ★ 2014/01/13 13:06:01
    フリーアナウンサーの宮根誠司(50)が13日、フジテレビ系『笑っていいとも!』の
    テレフォンショッキングに初出演し、司会のタモリ(68)と初対面した。

     「はじめまして。物理的に事情があって来れないので」とあいさつした宮根は、
    特別に作ってもらったという名前のプレートを胸に「あした『ミヤネ屋』で
    出そうかな」とはしゃぎ気味。

     「かなり追っかけでした。オールナイトニッポンも聴いてました」と告白し、
    浪人生時代にはタモリのライブを広島で観て「テレビではほとんどできない
    芸をやっていた」と回顧。

    「だから、タモリさんがお昼の『いいとも』をやるというのは僕らにとって
    衝撃的だった」とイキイキ話すと、タモリも「江頭(2:50)がいいとも
    始めるみたいな衝撃だったんだよね」と白い歯を見せ、同調していた。

     宮根は2006年7月から大阪・読売テレビの『ミヤネ屋』(月~金 後1:55)の
    司会を務めているが、この日は『全国高校サッカー選手権・決勝』放送のため
    同番組が休止となり、いいとも初出演が実現した。

    ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
    http://www.oricon.co.jp/news/2032897/full/
    関連ニュース
    【芸能】宮根誠司アナ「なんで死んでんねん」 “恩人”たかじんさん毒舌で偲ぶ
    http://www.logsoku.com/r/mnewsplus/1389165384/

    【宮根誠司、タモリと念願の初対面「かなり追っかけでした」】の続きを読む

    このページのトップヘ