男性芸能人情報 セロリ               

男子芸能人情報セロリ

    人気記事

    test ダウンタウン松本の娘wwwwwwwwww
    test L'Arc〜en〜Ciel の hydeが、自販機でジュースを買った結果www
    test 松岡修造 獲得賞金5億円超えの錦織圭より稼いでる
    test キムタク、一色紗英が16歳の時に口説いていたww

    2015年03月

    1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 06:48:15.20 ID:???*.net
     EXILEのボーカリスト・ATSUSHI(34)が「生体エネルギー」なるものにドハマりし、すでに何千万円も投資している
    ──そんな仰天ニュースを3月26日発売の『週刊文春』(文芸春秋)が報じている。

     同誌によれば、ATSUSHIのスーツケースには「妙なアンテナや機械」がたくさん入っており、
    「アンテナは部屋の四隅に立て、飲み物は妙な木のコースターに置いて飲む」のだという。

     また2年ほど前に改装した、事務所ビルのATSUSHI専用フロアには、特注の巨大な機械が3台置かれているとも。
    なんでも、生体エネルギーを応用して電気の質を向上させる『電気誘導翻訳装置』という機械らしい。
    フロア内の電気はすべてその機械を通しているというから、驚きなのだ。

    CDも「質の高い電気」で作成
     ATSUSHIの電気へのこだわりは、留まるところを知らないようだ。

     販売しているCDも、件の生体エネルギーを通した「質の高い電気」で作成。ライブ会場にも必ず置いているという。
    2006年に声帯ポリープの手術を受け、健康を気遣うようになったことが生体エネルギーにハマるきっかけだったそうだが、
    そもそも生体エネルギーは何なのか──。

     業者のHPに書かれる内容は驚愕のものだった。生体エネルギーが高いと、次のようになると説いている。

    「有効菌が活性し病原菌を駆除するようになります。また生命体に限らず各物質が本来持っている機能が高まるので、
    人体においては免疫力が高まり、精神的にも安定し、病気にかかりにくくなり、回復も早くなるのです」

     なんとも“スピリチュアル”なのだ。

    お値段なんと218万円!
     ちなみにATSUSHIが部屋の四隅に設置していると思しきアンテナは、HP上で販売している“命慧「しらべE」”。
    「電磁波で『生態系』を想造する」そうで、お値段なんと218万円!

     さらには、長野県東御市の研究所で月に数回行われる勉強会にも、熱心に参加しているというATSUSHI。
    スタッフの食事にも謎の水が入ったスプレーを吹きかけるなど、ATSUSHIの行動にはリーダーのHIROをはじめ、他のメンバーも困惑しているのだとか。

    ~続き・詳細 は以下ソースをご覧ください~

    DMMニュース 2015.03.28 07:50
    http://dmm-news.com/article/934361/

    image
    【EXILEのATSUSHIが怪しい生体エネルギーに数千万円投資!?】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 05:12:25.79 ID:???*.net
    吉川晃司(49)が、「あぶない刑事」シリーズ完結編となる映画
    「さらば あぶない刑事」(村川透監督、16年正月公開)に出演することが23日、分かった。
    吉川はバイクを操る史上最強最悪の敵を演じる。

    役への強い責任感から撮影準備としてバイクアクション練習に臨んでいたが今月3日、
    250CCの中型バイクで前輪を持ち上げ、後輪だけでバイクを走らせる「フロントアップ走行」の
    練習中にバランスを崩して転倒。

    翌4日の再検査で、左足関節外果骨折で全治2カ月と診断されたが、
    撮影時期を変更するだけで予定通り、高度なバイクアクションにも挑む。

    吉川は「特殊なバイクアクションの練習でケガをしてしまいましたが、
    通常の運転で安全に注意を払って乗っていれば、バイクは素晴らしい乗り物です」とコメント。
    史上最強最悪の敵役として、高度なバイクアクションをやり遂げる強い覚悟を見せている。

    http://amd.c.yimg.jp/amd/20150324-00000005-nksports-000-1-view.jpg
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150324-00000005-nksports-ent
    3月24日(火)5時5分

    image
    【吉川晃司「あぶない刑事」完結編で史上最強の敵役に】の続きを読む

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/03/17(火) 10:13:30.67 ID:???*.net
    デイリースポーツ 3月16日(月)22時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150316-00000091-dal-ent
    2015/03/16(月) 22:44:04.22
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1426513444/

    俳優の大沢たかお(47)が16日、日本テレビ系のバラエティー番組「しゃべくり007SP」に出演し、
    女性と「関係がうまくいかない」と良好な関係が築けないことを告白した。

     MCの上田晋也が「肉が大好きだそうで。朝は何グラムぐらい?」と尋ねると大沢は「300から400ぐらい。
    昼も食べられるタイミングがあれば肉を。野菜はほとんど食べないです」と明かすと共演者から驚きの声が上がった。

     店舗で買わずに業者と直接やり取りしているそうで、大沢は「1回に4、5キロ取り寄せる。(家にいれば)1日3回食べる。
    1週間もたないですね。煮るとかはやったことなくて焼くしかできない。
    ステーキにして3食食べる」などと「超」が付くほどの肉好きであることを披歴した。

     上田が「人と外食のときもステーキとか焼き肉?」と尋ねると、大沢は「多いです」と認めた。
    上田が「女性と食事となったら『何が食べたい』とか聞くじゃないですか。女性は『ガッツリ肉』とか言わないのでは」とツッコむと、
    大沢は「あまり言う人は少ない」とうなずいた。

     上田が食事をめぐって女性と「どう妥協点は?」と尋ねると大沢は「だからたぶん、
    関係がうまくいかないです」と淡々と答え、偏食のあまり女性と良好に交際できないことを明かした。

    2015-03-17-16-16-47
    【大沢たかお 、食事は3食ステーキ野菜はほとんど食べない】の続きを読む

    1: 読者の声(東日本) 2014/10/22(水) 23:51:20.15 ID:VEQasIMU.net
     2014年4月、V6の森田剛(35歳)と人気AV女優の美雪ありすの交際が発覚し、森田、美雪
    双方のファンたちの間に大きな衝撃が走った。あれから半年が過ぎた10月はじめ、2人の破局が
    女性セブンに報じられたが、10月20日発売のライバル誌・週刊女性は、破局報道を否定。
    現在も森田のマンションで「ラブラブ同棲中」であると、ツーショット&直撃写真とともに報じている。

     どうやら、同棲生活を続けているのは事実のようだ。では、女性セブンの破局報道はなんだったのか?

    ■破局報道はジャニーズ事務所の意向だった

    「セブンの記事では、V6が2015年にデビュー20周年を控える中、森田の仕事も舞台を中心に
    多忙になりつつあり、それが原因ですれ違い生じるようになったことが破局の原因とされています。
    しかし、私を含め、多くの芸能記者はこの記事に懐疑的でした。デビュー20周年を迎える前に、
    なんとかして2人を引き離したい、というジャニーズ事務所の意向が反映された記事だったと思います」(芸能記者)

     4月の交際発覚時、森田は2人を直撃した女性セブンの記者に対し、美雪を庇う発言をして
    「男をあげた」と評判になった。そのときの森田の発言を以下に引用してみよう。

    『オレの写真を使ったりとか、名前を記事にすることはいいんだけど、彼女は大変なんです、いろいろ。
    男はどうとでもできるからいいんだけど、女の人だし、特殊な仕事じゃないですか……』

     たしかに男らしい発言だ。しかし、記事が出ると、美雪ありすに対する森田ファンからのバッシングの
    嵐が吹き荒れた。

    「AV女優という特殊な仕事への偏見に基づいた、森田ファンの差別的な言葉がネットに溢れました。
    それでも彼女を庇い、堂々と交際宣言をした森田は立派でしたが、同時に、事務所からの破局圧力も
    相当なものがあったといわれてます」

    >>2あたりに続きます)

    ソース http://dmm-news.com/article/894412/

    2015-03-16-17-02-33
    【AV女優と交際中のV6森田剛を待つ凄まじい事務所の破局圧力】の続きを読む

    このページのトップヘ